宮原 裕子 officialblog cocorone 〜こころ音

コンサートスケジュール・活動内容など

音楽

あれから一週間

一週間前の長野。 上田女子短期大学附属幼稚園から、 嬉しいお声のお便りとともに 添えられていた記事 こどもたちとの音 素敵な瞬間だった 豊かな時を与えて頂きました 感謝ばかりです…

リハーサル

2017.1.9 melodica meets classics チェンバロを運び入れてのリハーサル 古楽器のチェンバロと 現代の鍵盤ハーモニカ 時代を超えて 発音体を超えて 音の喜びが交わります。。。

12/9 小学校公演

本日は、お隣 蕨市の小学校へ。三年生・四年生のみんなと… 興味深く聴いてはとても上手に吹いてくれる子供達でした 。 みんなと一緒に鳴らせるというのはこの楽器のすごくすごくステキなところです♬

長野にて

12/8 上田女子短期大学附属幼稚園、北野講堂にて。 お声掛け下さいました作曲家であられる町田育弥先生のコーディネートで「こどもたちのためのコンサート」が行われました。 学生さんも参加しての前日の仕込みから始まって、音の自然体をその場にいる人達と…

人のエネルギー

本日、いつもの練習室は 配管アートで埋め尽くされていた!! 絵からジンジンと伝わるエネルギー。 込められた心は、描いた人を離れてなお 伝わるものですね。 音も… そんな風がいいです。 この絵画はご一緒しているピアニスト、山田香織さんのお父様が描か…

久保田チェンバロ工房へ

昨日はチェンバロ工房へ。 チェンバロ職人の久保田さん…音に真っ直ぐな人の言葉はやっぱり とても心地よくて幸せだなぁ と思いながら過ごす昼下がり 1/9のコンサートは チェンバロとも奏でましょう♬

谷口楽器(御茶ノ水)CD Library

昨年9月releaseの8弦ギターと鍵盤ハーモニカのCD「Air」 谷口楽器さん・鈴木楽器さんからお声掛け頂き、鍵盤ハーモニカのCDライブラリーに加えて頂きました かつてわたしも、はじめのハモンド44はこちらで購入 今後益々、沢山の人にこの楽器の魅力を発見して…

11/27 音の打ち合わせ

12月に伺う予定の、上田女子短期大学付属幼稚園(長野)でのコンサート。 今日は、そこでの音の「下ごしらえ」に行って参りました。お話しを下さいました育弥先生の打ち出しは音楽をその場で「起こす」こと。もちろん鍵盤ハーモニカで。 リズムや音の揺らぎを…

「心根」こころね

大切な人と、大切な音を 、大切に作りたい日々は続きます… 感謝なことです。 「からだを ぬぎすてる」のは カンタンではないけれど、力不足でも、そのようでありたい。 『うたを うたうとき / まど みちお』 うたを うたう ときわたしは からだを ぬぎすてま…

内気なピエロ

前回は鍵盤ハーモニカのための委嘱作品について書かせて頂きましたが、今回は、私の師でもある昌先生の作品につきまして… 1/9に予定している芸術劇場の小ホールは、演劇・ダンス・音楽等の多彩な舞台表現を試みることの出来る、すり鉢状のオープンスペースで…

チケット販売開始 『 Melodica meets classics 』

『 Melodica meets classics 』〜 Saitama Arts Theater 〜 2017.1.9 mon. 祝open 13:00start 13:30一般¥3,500- 高校生以下¥2,000-彩の国さいたま芸術劇場小ホール(埼京線・与野本町) ▪️チケット販売窓口 048-858-5500または▪️090-5332-1510 宮原

Canna

1/9のコンサートでは、心から大切にしたい音がいくつもあります… 今回はその中のひとつ鍵盤ハーモニカの為の作品よりⅢ.Canna について 今回作曲を委嘱した作曲家の中島満久さんとは、娘達の通う蕨少年少女合唱団で知り合いました。子供達が歌っていた彼の作…

CD『Air』〜Releaseからの一年

これまでに沢山の方の元へ届きました!! 寄せられた温かなメッセージにも感謝しつつ、 今 新たに見えて来たことに 真っ直ぐに取り組みたいものです… *試聴リンクはこちらからhttps://soundcloud.com/tac-hiroto/sets/air-2 https://www.facebook.com/m.kan…

レ・ヴァン・フランセ

音の生まれる前から聴こえるような発露 音が生まれてから消えるまでの とても綺麗な放物線が いくつも交わっていました✨ 極上のアンサンブル!!

1/9 コンサート『 Melodica meets classics 』

お知らせ 素敵なフライヤーが出来あがりました 素敵な曲をプログラミングしました 曲…私が鍵ハモに魅了されるきっかけとなった松田昌先生の音。今回はその松田師のオリジナル作品を吹かせて頂くとともに、委嘱作品として中島満久氏の曲を初演として演奏いた…

SUZUKI 木製鍵盤ハーモニカ

完成は間近!? ブログの表紙にもさせて頂いておりますSUZUKI 木製鍵盤ハーモニカ。 この半年、モニターの1人として演奏させて頂いております。 音の事は大切だから、メーカーさんとの間を行ったり来たりで、箱はかなりボロボロに…。 2016.11月以降発売予定 …

音を持ち寄る

この数日、いろいろな方と 合わせをさせて頂きました 音を持ち寄って作る作業は とても いい時間…violin・recorder・oboe・cor anglais・piano・cembalo・guitar そしてmelodica 近く、ライブなどにお目見えすることとなる楽器達です♬

J.S.Bach

バッハ インベンション第1番 ニ声を味わう🎼〜松田昌先生の講座より動画upをして頂きました。 https://youtu.be/u9y3ARZY5c8

Clavietta

手前 これはClavietta(クラヴィエッタ)と言うそうです。鍵盤ハーモニカが現在の形になった世界初のモデル。1958年か1959年製。もとはイタリアの鍵ハモなのですが、こちらはフランス製。 合わせをしたS氏がお持ち下さいました! 一音ごとに付くリードと、ク…

Trio 始動

2017.1.9彩の国さいたま芸術劇場 小ホール 本日よりコンサートの準備が始まりましたまずは選曲から…素敵なフライヤーも制作中 鍵盤ハーモニカの為の組曲である委嘱作品の発表も叶うといい 鍵盤ハーモニカ/Yuko MiyaharaViolin/Jan GlembotzkiPiano/Kaori Yam…

曲を起こす ②

作曲家の先生とお会いし、書かれた音を初めて奏で 聴いて頂く緊張の午後。一音一音隅々までのディスカッションと息づかいの調整。微妙な音のニュアンスにどう近づくかという選択。 これは私の挑戦と学び。 この挑戦には、まだまだ鍵盤ハーモニカという楽器の…

曲を起こす

一年以上前からの取り組みである鍵盤ハーモニカの為の曲。しかも組曲。 作業は少しずつ前に進んでいます。この楽器ならではの響き、息使いが活かされる音符が並んでいて、 その、目から入る音の感触を自分の体の中で起こして行く作業が、とても新鮮で難しく…

日曜の午後

六本木シンフォニーサロン【マンドリン 高橋和彦&ピアノ 夏川由紀乃】 …この数日。 ピアニストの香織さんと、いろいろ聴いては 音のこと話したりして、そして互いに感じて、今週はいよいよ自分達の音を交わそう。準備しとくよ。

現代曲リサイタルと鍵盤ハーモニカの為の組曲

東京オペラシティROSCO 15thリサイタル現代音楽を6曲。緊張と弛緩、潔よさ、多彩な色合い、精神性…頭と心の両方が動かされるいい時間でした。 ここから自分も新しい取り組みへ…鍵盤ハーモニカの為の組曲を作曲家の方と起こしていく…そのことに取り掛かる時だ…

バッハづくし 終了

江口玲先生、大塚直哉先生、そして松田昌先生。3講座によるバッハな1日。 写真は第2講座の鍵ハモによるバッハ。 凄い数です(°_°)。。。ステージ上から昌先生 撮影。

2017.1.9

かねてより演りたかった、彩の国さいたま芸術劇場でのコンサートが決まりました メンバーは7月にご一緒したヴァイオリン・鍵盤ハーモニカ・ピアノ/チェンバロによるTrioです …詳細は改めて (メンバーも日程も、お見知りおきを!!)

blog開設

コンサートスケジュールや日々の音楽活動をこちらのブログにまとめてお知らせして参ります